弱虫ペダル第609話箱根学園3年レギュラーはあの人!【ネタバレ】

弱虫ペダル第609話箱根学園3年レギュラーはあの人!【ネタバレ】

今回は弱虫ペダル『第609話 受け継いだ者たち』ということで3年生編スタートとなり新キャプテンが決まってきました!これからそれぞれの新しいカラーを固めていく様子が描かれております!

 

 

第609話 受け継いだ者たち ※ネタバレ注意

 

泉田から次期キャプテンを任された真波!!練習初日が始まる…。

 

次の世代に「キャプテン 真波」「副キャプテン銅橋」そして中心人物に選ばれたのが—

 

3人目の男「高田城」であった。

 

登りに入った途端スピードを上げる真波に

1年バラバラだよ!!どうかしてんぜあいつ」と銅橋。

 

しかし驚く様子も見せず高田は

「あのペースでカットんでいったってことはさ」と話したところで

真波が反対から戻ってきた。

 

銅橋「何だてめ帰るのか!?みんなが遅いのが退屈なのかキャプテン初日だぞ!」

 

そこで高田は制止する。

「いや多分違うよ。この登りはきついけど短い。もうすでに峠の上にたどり着いて」

 

 

「これから2本目をのぼるつもりだ!」

 

驚きを隠せない銅橋。

 

そこに横から話に加わる悠人。「よくわかりましたね、真波さんの事」

 

銅橋「ブハ!こいつは真波の事をよくわかんだ。真波にとってこいつは—」

 

 

「救世主なんだ」

 

その話を聞いてびっくりする表情。

「何かあるんすか」と問う悠人に

 

ないないないインターハイは関係ない!!」と間髪入れずに遮る高田。

しかしながら救世主と呼ばれているのは事実とのこと。

 

 

 

 

遅刻と寝坊で進級が危ぶまれていた中ノートを貸してくれた。

何と高田は学年一位で「必要なら他にも言ってくれ」と真波に話す

 

インターハイでの頑張りを見ていた高田は真波から刺激を受け

自分には何かできないかと動いてくれた—。

 

 

状況はレースに戻り勉強は簡単だがロードレースは難しい。

不確定要素を混ぜて限界の中で戦う。そこには教科書には載っていない。

 

「ニヤリと笑って勉強以上にワクワクするよ!!」と指揮を高めていく。

 

場所は代わり部室にて泉田、葦木場、黒田の3人で新メンバーについて語り合う。

高田を入れた理由を問われ泉田は答える。

 

「あらゆる状況を正確に分析し簡潔で有効な手立てを生み出すのは—」

 

 

「高田城の知恵だからだ!!!」と力強いメッセージを込める。

 

そんな中葦木場に一本の電話。話し相手は手嶋純。

新しいキャプテン(小野田)の話を耳にする。早速真波にも情報が届く。

 

その一方でも同じように真波がキャプテンになったことを総北高校でも共有していた。

箱根学園のキャプテンが!?真波!?

 

 

その事実に表情が固まる小野田であったが

「どうだ小野田 感じるものはあるか」と問う手嶋に対して

 

小野田・真波「運命ですね」と声を揃える。

 

真波「よしゃ練習。あそうだ次の総北が出そうなレースってどれ!?」

 

「彼らの地元峰ヶ山ヒルクライムレース俺あいさついこっかな」

次回へ—。

 

 

 

週刊少年チャンピオンでチェック

 

 

 

今週の感想まとめ

 

男性(40代)
男性(40代)
箱学の高田城にスポットが当たった前半は、感性というか本能のままに動く山岳に対して知恵袋的な役割を果たしてくれそうです。これに銅橋らのレギュラーメンバーが盤石の感があります。後半は、総北、箱学ともにライバルチームの新キャプテンを聞いた時の様子に焦点が当てられました。山岳がキャプテンと聞いて驚く総北の部員たち。坂道も初キャプテンの仕事をしていた時はオドオドしていましたが、山岳が相手と知りこれは運命だと感じるなど、急に決意が固まったようで主人公感が満載です。

 

坂道が答えたその運命だという答えにすごく信憑性があり面白いと感じた。坂道が言いそうな答えだと少し思ったのですが、真波も同じように泉田に言い放ち、その時の笑顔の真波が特に印象的。真波の決心へと。ヒルクライムレースに向けての準備が必要だと答える高田に、坂道たちがいる地元に行こうと計画を練り始める真波のその計画は無事に成功するのかどうか、またヒルクライムレースに向けて経験値があげられることが出来るのかがすごく見所であると感じる。
男性(40代)
男性(40代)

 

女性(20代)
女性(20代)
高田城の登場により、新しい展開が生まれてますます面白くなってきました。高田城は真波の良き理解者で、箱学には必要不可欠な存在。これからのストーリーのキーマンになりそうで期待できます。そして真波と坂道は新キャプテンとなり、「運命だ」と答え、これぞ宿命のライバル…!弱ペダらしいアツい展開です。最後のIHは、巻島と東堂のような熱い戦いがまた見られるのでしょうか。高校最後の一年、どんな戦いが見られるのか楽しみで仕方ないです。

 

坂道が新キャプテンに就任して始動。部内の様子や主人公のこれからの成長が楽しみ。切磋琢磨が見られて面白いです。
女性(30代)
女性(30代)

 

男性(40代)
男性(40代)

箱根学園が新体制となり、キャプテン真波、副キャプテン銅橋、ここまでは理解できます。そしてもう一人、高田城・・・誰だ君は。新キャラが出てきたのかと思いましたが、過去描写を見る限り、ちょい役でちょこちょこ登場していたみたいです。ほとんど描写がなかった高田城の掘り下げがなされて、真波と対極にある優等生キャラが追加になりました。そういえば、総北に参謀役がいない気がします。騒がしい鳴子ですら自転車関係では真面目に頭を使えるから、必要性を感じなかったのかもしれませんね。

 

 

 

Twitterまとめ

RT @meta_seco: あとやっぱり高田城さんがちょっとイケメンになって出てきたの笑う
なんで弱虫ペダルのキャラたまにイケメン化するねんw
箱学の新レギュラー楽しみだけどそれより御堂筋くんに三年付き合ってきた京伏の新メンバーがどんな妖怪揃えてくるか興味が尽きないんだ…
今週の弱虫ペダル箱根学園に高田城来たか…まあ新キャラ出てくるよりは全然いいわな
今週の弱虫ペダルも面白かったー(*´ω`*)
そうか、高田城さん…そういうキャラで来たか…
結構好きなタイプのキャラかもw
弱虫ペダルのモブキャラから昇格した新黒田枠の高田城だが今週のキャラの掘り下げが勉強ができる奴というだけなの笑った。
去年の追い出しレースが初登場だがその時も上級生について行けてなかった雑魚キャラ扱いだったのでちゃんと身体能力も上がったエピソードもほしい。 pic.twitter.com/kudnh6J6dC

早速去年と同じような対決が始まろうとしていますが京都伏見の動きや他の空きレギュラーが楽しみ!

箱根は高田君がレギュラーで確定ですね!