弱虫ペダルネタバレ626話攻撃を仕掛ける悠人に段竹は..

弱虫ペダルネタバレ626話攻撃を仕掛ける悠人に段竹は..
とうとう始まりました!峰ヶ山レース第2幕!鏑木の頑張りで高田の体力をけずった形で下へ下がってしまいました。かっこよかったですね!ここから段竹を絡めたバトルが始まる面白い展開で胸熱ですね!!

 

前回のあらすじ

弱虫ペダルネタバレ625話段竹に想いを託す鏑木,警戒する箱学

 

 

最新話 見どころシーン

 

悠人段竹の絡み(勝負だ!段竹!!)

・高田の危惧

小野田が出した指示は!?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ネタバレ 「第626話  スズメバチ」

 

1年段竹が出るなら負けない宣言をした悠人。

観客は総北コールが続き、アウェイ状態の箱学になっていたが

逆に士気を高めていく

 

 

コース外の線をはみ出て観客の横を走っていく悠人に観客の注目を
集める。

すぐに総北へ追いつくが後ろの高田は待て、と焦っていた。

 

悠人はいつもの「接近アタック」で段竹へ攻撃していく。

段竹が今回の選手になったことに対して

実力でもぎ取ったものなのかと罵っていく。

 

 

「俺んとこにも順番が回ってきたって感じ?」

「地面の泥舐めてそれでも上向いて自分で手伸ばして手に入れるのがチャンスだと思っている  よ?」

 

その言葉に今までレースで戦い抜いてきた圧力を肌で感じとる段竹

 

 

「相手のすべてを存在を否定してでも勝ちを取るって覚悟の目 けど」

 

「俺もゆずらねえ!!このジャージの重み 誰より近くで見てきたから」

 

するとその返答にこの先のレースで実力が分かると

悠人は思い切りペダルを回して先行していくー。

 

 

「勝負だ!段竹!答えは―」

 

「イエス一択だろ!!!」

 

とんでもない速さに圧倒されてしまう段竹。

そして負ける気がしていない悠人。

その後ろで何かを危惧していた高田が言い放つ。

 

 

「小野田がエースではないということは即ち―」

「アシストをするということだ!!!」

 

小野田は段竹へ声をかける

それは自分が全開で走るから絶対にはなれないでということだった。

次号へ続く!!

 

 

勝負だ!!段竹!!っていう2人の掛けあいが新鮮ですごくいいですね!!

しかし初対面でいきなり罵るとは….(笑)気持ちで負けていない段竹がなかなかいい感じですね!

かなり押されていますがそこをカバーするのが小野田君なんですね!段竹ついていくのが大変そうですが頑張ってほしいです!!高田ジョーさんは削られてもう勝負に絡めないかな?

 

週刊少年チャンピオンでチェック

 

ここからチェック!!毎週木曜日に新しい号が配信しています^^

・amazon・LINEマンガ・Renta!・dブック・コミックシーモア・ebook・BookLive

・ブックパス・ソク読み・DMM.COM・Rakuten kobo・BOOK WALKER・Reader storeなどで配信

 

 

 

 

感想 Twitterまとめ

 

ゆうとが気安く段竹言うの新鮮みあって良い 認識してくれてありがとう
なんか段竹の歯茎好きだわぁ…。でも悠人に勝って欲しいなぁ…。箱学負けてばかりじゃつまらん…。
小野田アシスト→段竹勝利、それを見た今泉と鳴子くんが小野田さんと戦ってみたくなりチーム離脱を決意まで妄想しておく🚴
チームメイト以外に段竹君の名前呼ばれるの熱すぎて朝からやばい。
段竹!!
あああああたまらん!!
小野田アシストの段竹、マジで可能性の塊すぎるだろうが。
チャン読みました😭段竹くんの活躍めちゃめちゃ期待してる~~!!
モブが相変わらず多彩で好きだし、あと弱虫ペダルのセリフまわし、本当に好きだな…
もう早く来週の小野田坂道と小野田さんの走りと鏑木の激励を受けた段竹の全力の走りを見たい 見せてくれ今年の総北を早く
弱虫ペダル熱すぎる、ついに段竹の出番が見られるのか
相変わらずパワーバーを「さくっ」というあり得ない擬音で食べる悠人。段竹にもぐいぐい精神攻撃た。「yes一択だろ!」同学年だから敬語じゃないの新鮮!完全に相手が格下だと油断している悠人だが、賢い高田城は気づいていた。化物坂道さんがアシストとして出てくる危険さに!なら伝えてあげろよ!!
そういや悠人も一年生だったんだよな。忘れてた。段竹に吹っ掛けるわ観客の内側くぐるわとんでもねえが、
高田城は自分の疲労を一応わかっている。アシストがまだ全然本気出してない坂道じゃ、勝てっこねえよ
…と思うじゃん?どうせ何か月もレースするんだよこれ
鏑木と一緒に来た段竹はもうそろそろ凄さを見せてほしいな。
今の所モブ的存在でしかないもんな。
チャンピオン11号で『弱虫ペダル』を読みました。新生総北の初戦の峰ヶ山クライムも終盤。段竹(と坂道)対悠人。二体一だし段竹な気もるすし、新生箱学のエースの悠人が取る気もする。どっちが勝つか分からない方が楽しいな。#弱虫ペダル pic.twitter.com/qDPEEcaSAs
@hope_stage 今日久々にチャンピ読んで、段竹ゥゥゥってなった…

ここから段竹君の頑張りどころですね!!そして小野田君がアシストですが頼もし過ぎますねw

ここでまた小野田君のすごさを段竹、悠人ともに驚く顔を見たいところです(笑)